電気申請図面の作成や社内情報管理|様々なシステムの導入

電気CADについて

PCを操作する女の人

電気工事業者や電気設備事業者が工事や施工を行う際には、電気申請図面を作成します。この図面の作成には様々な手間が掛かり、時間を要します。また、この電気申請図面に見積りを積算しなければならないため、更なる手間が掛かります。この業務をより効率的に行えるようになれば、各事業者にとって大きな利益となるでしょう。それを実現することのできるシステムとして、電気CADの導入をお勧めします。電気CADといっても様々な製品があり、その機能も様々です。各事業者のニーズに合わせた機能を備えている電気CADを導入することで、電気申請図の作成及び見積りの積算を高効率に済ませることができるでしょう。
様々な電気CADの中で人気となっている製品の多くに備えられている機能というのは、簡単な操作性と半自動化といったものが主になっています。簡単な操作性というのは、電気申請図面作成時における追加や修正といった業務をマウスクリックのみで行えるといったものがあげられます。従来であれば、複雑で難しい業務である追加や修正ですが、それをマウスクリックのみで行えるようになるのです。電気シンボル等も多数収録されているため、より質の高い電気申請図面を作成することが可能です。PDFやJWCADといったデータにも対応しているため、それらのデータ修正をする手間も省けるでしょう。そういった電気申請図面から見積りを積算する際には、使用する材料の拾い出しを行なわなければなりません。電気CADであればシステム上から使用されている材料を自動で拾い出してくれます。また、各材料の単価に関しても多数収録されているカタログから自動的に抽出してくれます。そのため、見積りの積算及び見積書作成が非常に楽なものとなっているのです。

電話対応を任せる

オフィス

企業において電話が掛かって来た場合には、担当者か従業員がその対応を行ないます。その場合には、人件費の問題や業務や会議の一時中断といった問題が発生するでしょう。秘書代行サービスを導入することでその問題は解決します。

» 詳細へ

情報データの一元管理化

パソコンを操作するメンズ

企業に発生する様々な情報データは各基幹業務ごとに複雑に管理されています。それらのデータをERPパッケージを導入することで一元管理化することが可能です。一元管理化することによって、業務効率のと業績向上を実現することができるでしょう。

» 詳細へ

経理業務の効率化

2人の女の人

企業内における様々な経理業務を行う際には、時間と手間が掛かり担当者とって大きな負担となっていました。会計システムを導入することで担当者の負担を大幅に軽減し、業務の効率化をはかることもできるでしょう。

» 詳細へ